負荷試験のパートナー募集・協力会社募集

電話番号
ご相談・お見積りのご依頼ご相談・お見積りのご依頼
動作点検から長期のご提案は負荷試験センターへ動作点検から長期のご提案は負荷試験センターへ
トップ負荷試験とは負荷試験の流れ内部観察とは予防的保全措置とは
お見積もりの流れメンテナンスよくあるご質問会社概要お問い合わせ

事業パートナー募集

“いま“ 必要とされている安心と安全を提供する「負荷試験」事業パートナー 第二期募集

当社では、「いざ」という時の備えとなる、それが非常用発電機負荷試験事業です。
安全なはずの公共施設や大型施設が安全を守れずに大切な人が危険にさらされるかもしれない・・・
そうならない為にも当社は負荷試験事業を進めています。

負荷試験の様子

現在、日本では、防災対策の一環として、すでに約130万基以上の非常用発電機が多くの商業施設や
マンション、公共施設に設置されています。
非常時の人命とライフラインを守る為に設置されている非常用発電機ですが、
じつは大半が正常に動作しないという事実が発覚しました。

先の東日本大震災時には、点検不備による不具合が発生し、
42%を超える多くの発電機が十分に稼働出来なかったという報告が発覚しました。
この事実からもわかるように消防法に基づき義務付けられている非常用発電機の点検はまだまだ軽視されており、
施設の安全措置が完全でないと言うことをそれぞれの施設利用者は知らずに利用しているのです。

こういった現状を改善し、安心で安全な施設環境を実現させるためにも多くの仲間、
つまりパートナー様を当社では募集しております。

電気工事士有資格者
消防設備点検資格者
自家用発電設備専門技術者
新規事業として取り組みたいとお考えの方

負荷試験事業は、社会貢献性が高く社会からも必要とされる安定性の高い事業とも言われております。
ご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

※事業説明におきましては各地での説明会、セミナーなども予定しています。
ご参加希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい(但し、参加枠には限りがありますのでご了承下さい)


パートナー募集 お申し込みフォーム


会社名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
FAX番号
ご住所必須 〒 
ご質問等
  
トップ
負荷試験とは
負荷試験の流れ
内部観察とは
予防的保全措置とは
お見積もりの流れ
メンテナンス
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ
日本発電機負荷試験協会

総務省消防庁